きになったことブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになったことブログ

日々の生活の中で覚えておきたいことがあれば

総和系プログラム.java

3. 問題2のプログラムを開始の数と終了の数を入力として、その総和を返す関数を定義して、書きなおしなさい。さらに、実行結果として、1から 100 までの総和に加えて、1から 1000 までの総和と150から100までの総和も表示するように書きなおしなさい。そして、コンパイルし、実行し、結果を確認しなさい。

 

パッと見、入力するように感じますけどそういう意味じゃないみたいです。

 

 

例:ファイル名 Main.java

class Main{

 public static int sum(int x,int y){
 int sum=0;
 int z=0;

 if(x>y){
   z=x;
   x=y;
   y=z;
 }

 for(int i = x; i <= y; i++){
   sum = sum +i;
 }

  return sum;
 }
 

public static void main(String arg){

   System.out.println("1から100までの和=" +sum(1,100));
   System.out.println("1から1000までの和=" +sum(1,1000));
   System.out.println("150から100までの和=" +sum(150,100));

 }
}

 

こんな感じで記述してみましたが、もっときれいな書き方あったんではないかな?

ご意見ありましたらお待ちしております。

みんなのプログラム見てみると面白いclass名を付けているんですよ。なんだかうらやましい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4. つぎのプログラムも1から100までの和を求める:和の計算を行うプログラムである。3と同じ結果を出すように、プログラムを変更しなさい。

class Main{
 int result; void sum(int s,int e){
 int value = 0;
 for(int i = s; i <=e; i++){
   value = value + i;
 }
   this.result = value;
 }
 public static void main(String args){
  Main obj = new Main();
  obj.sum(1,100);
  System.out.println("1 から 100 までの和 = " + obj.result);
 }
}

 

例:

class Main{
 int result;
 void sum(int s,int e){
 int value =0;
 for(int i =s; i<=e; i++){
   value = value +i;

 }

  this.result = value;
 }


 public static void main(String[] args){

   Main obj = new Main();
   obj.sum(1,100);
   System.out.println("1から100までの和="+obj.result);
   obj.sum(1,1000);
   System.out.println("1から1000までの和="+obj.result);
   obj.sum(1,100);
   System.out.println("150から100までの和="+obj.result);

 }
}

 

ほんとにもっと短くできんの(笑)?